プロフィール

同期のブーちゃん

Author:同期のブーちゃん


同期のブーちゃんです。

診断士として日々、想うことを綴っております。


質問、相談、ご意見・苦情なども下記へお願いします。

メモリボのデータ提供は終了しました。すいません。

  Mail




6月にセミナーやります!

10年後の中小企業の姿を考える会



「ふぞろいな合格答案 エピソード2」

全国書店にて発売中!!

ふぞろいな合格答案エピソード2


「ふぞろいな合格答案」
全国書店にて絶賛発売中!!
fuzo-1.jpg



「続々・80分間の真実」発売中。
Amazonへリンク e1c7bbc3-s[1].jpg

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSS登録用

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シリーズ資金調達②「増加運転資金」

こんばんは。

どこまで続くか分かりませんが、第2回です。
今回は「増加運転資金」。

例えば、平均月商:100、売掛金:150、在庫:100、買掛金:120のとき、売掛債権回転期間は1.5ヶ月、在庫回転期間:1ヶ月、買入債務回転期間は1.2か月となり、必要運転資金額は月商の1.3ヶ月分、130と分かります。

企業は常に販売先より代金回収を行い、仕入先に支払いをします。このとき、支払条件、回収条件に特に変更がなければ、各回転期間は変わらず推移します。

回転期間が変わらない(=仕入れ、回収の条件が変わらない)場合、月商が100→200に2倍になれば、必要運転資金は130→260に2倍になります。このように、売上が増えたことにより新たに発生した+130の運転資金が増加運転資金ですね。急成長中のベンチャー企業等でこの増加運転資金のやりくりが間に合わず黒字倒産するケースがありますが、これは企業の成長ペースに金融機関の評価など信用面が付いていかない場合によく起こります。

売上が増加した場合だけでなく、取引先から回収条件を引き伸ばされた場合にも増加運転資金は発生します。最初の例で、売掛債権回転期間が1か月→2か月に延長されれば、売掛金も150→300に増えるので、在庫:100、買掛金:120は不変でも、+150の増加運転資金が発生します。しかし、回収条件の延長が販売先が支払えないなど信用力の低下による原因の場合、金融機関は増加運転資金を融資しても回収できないと判断する場合があります。

また、仕入先から支払条件短期化を要求される場合も増加運転資金は発生します。最初の例で、支払条件の期間を半分に縮められた場合、売掛金:150、在庫:100、買掛金:60となり、増加運転資金+60が発生します。しかしこの場合、販売先から見て信用面に不安と判断されて早期に支払うよう条件変更されているケースが考えられ、金融機関は増加運転資金を融資しても回収できないと判断する場合があります。


スポンサーサイト

シリーズ資金調達①「運転資金」

こんばんは。

世の中、あまりいいニュースがありません。
そんな中で、中小企業の資金調達が厳しくなっている
なんて話をよく聞きます。

そんなご時世なので、
中小企業診断士であれば、ぜひ知っておきたい
資金調達のキーワードをなるべく簡単に連載してみようと思います。
「なるべく簡単に」というコンセプトを守ると、
専門的には「違うのでは?」との指摘もありそうですが、
「なるべく簡単に」行きます。
これまで数々の企画倒れネタがあるので、
どこまで続くか分かりませんが、
ご興味ある方は、よろしくお付き合いください。

第1回は運転資金です。

wikipediaではこのように説明されています。→ 「運転資金」
必要運転資金とは「売掛債権+棚卸資産-買入債務」で求められます。
要するに、「モノを仕入れて、(生産&)在庫して、販売する過程で、仕入れの支払と販売代金の間での立替負担」が運転資金です。
そう考えると、例えば「売掛債権:50、在庫:30、買掛金:70」のB/Sでは、10の運転資金が発生していますが、「売掛金:50、在庫:30、買掛金:100」では、運転資金は必要ありません。

ただし、B/Sはその瞬間の財務の状況を表す資料でしかないので、例えば、3月末の決算では「売掛金:50、在庫:30、買掛金:100」で運転資金は要らないように見えても、実は3月末に売掛金を100払った直後だったとすると、実際には「売掛金:150、在庫:30、買掛金:100」で、必要運転資金は80発生していたことになります。このあたりを注意するには、資金繰表も一緒にチェックする必要がありますね。

上記のように実際には、運転資金は常に変化し、立替負担も変化するので、多少余裕をもって現預金を保有する必要があります。この点から資金調達を考えると、運転資金の借入は「現預金+売掛債権+棚卸資産-買入債務」の範囲内に常に収まっているのが理想です。運転資金が上記範囲に収まっていない場合、運転資金で調達をしていても実際には違う使途で使われている可能性があります。





なかのひと
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

FC2 Blog Ranking

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。