プロフィール

同期のブーちゃん

Author:同期のブーちゃん


同期のブーちゃんです。

診断士として日々、想うことを綴っております。


質問、相談、ご意見・苦情なども下記へお願いします。

メモリボのデータ提供は終了しました。すいません。

  Mail




6月にセミナーやります!

10年後の中小企業の姿を考える会



「ふぞろいな合格答案 エピソード2」

全国書店にて発売中!!

ふぞろいな合格答案エピソード2


「ふぞろいな合格答案」
全国書店にて絶賛発売中!!
fuzo-1.jpg



「続々・80分間の真実」発売中。
Amazonへリンク e1c7bbc3-s[1].jpg

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSS登録用

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【解答作成プロセス復元】H18事例Ⅰ

H18年事例Ⅰの再現答案は既に公開済(こちら)ですが、その解答作成プロセスを復元してみました。
黒字は試験中のメモ(写真では不鮮明ですいません)、青字は試験中に考えた頭の中のメモです。

①強み
(a)2~3(個を列挙!) 
・資本的・人的つながり→取引面で40%
・親会社の信用・ブランド力を利用
→外の取引獲得に活かせる

(b)弱み 制約を受けること
 2~3(個を列挙!)    
・取締役(人事の制約)
・大規模(投資の意思決定の制約) (親会社を)無視できない制約
・給与面(で意識する制約) →努力に応えられないこと選択と集中を進めている親会社の方針に影響(を受けるという)リスク

②-1海外拠点を~~に活用。 (~~を考えよう)取引先メーカーは海外進出
↑現地の情報を提供、進出をサポート、売上UP(につなげる)
・ネットワーク(の経済はどこで使う?)
・価格(競争)回避(を忘れないように)
・そうした差別化

②-2 (設問のポイント・くせ)どのような事業展開? 
~という可能性?
(→あいまいな問いだけど売上UPと収益性UPで書いてみるかぁ)親会社を踏まえて(ということを忘れずに)
「選択と集中」を進める(中で) 「選択」(される企業・分野とは?)→ファインケミカル分野、環境化学品、海外
取引先メーカーの動向をいち早く察知し原材料の委託製造を親へ回す
などしてA社の存在(意義)をアピール(という方向でまとめよう)

3(1)組織のメリット(デメリットとメリットを読み間違えてメリットを考え始めちゃってた。なんか変だと思いながら・・・)
・事業部制…(中央集権じゃないから現場で)変化に迅速に対応
・組織編制の特徴
分野別(専門性別)、エリア別(地域特性)(2つの軸の)編成(あれ、H14事例Ⅰと似てる?ということは) →再編成(が必要)
>(あっ問題はデメリットでした、あぶねー。デメリットは①各部で)
重複(した活動をするといけないよね。それと②今の地域と分野の編成だと)相乗効果がないというデメリット。

3(2) どのような組織? 
 (地域か分野、どっちかに)再編成→新PJチーム(をつくる)
②(今までは)
要請に対応→ (今後は)提案型へ(変換すべき)
③分野ごとのエキスパートの部分、地域営業部の把握する取引先ニーズ(をつなぐ)
 →コーディネート
④「相乗効果」「規模の経済」「ネットワークの経済」「不可価値」(は使いそうだから、メモしとこ。あれ、使わないね。)

4.再雇用のデメリット
(基本は列挙!)
・人件費負担
・組織の若返り・活性化の妨げ
・若手の登用機会を減らし、モチベーションが低下

下は問題用紙に残したメモそのままです。

1-1.jpg 1-2.jpg  1-3.jpg 1-4.jpg  1-b4.jpg



「80分間の真実」には合格者の再現答案だけでなく、合格者がその解答に至ったプロセスまでが公開されちゃいますよー。PJは昨年を上回るハイペースで快調に進行中。乞うご期待!!

再現答案、引き続き募集中です。特に惜しくも不合格だった方の再現答案大歓迎です。

ご意見、ご質問なども大歓迎です。今後ともよろしくお願いします。



スポンサーサイト

実務補習のメールが来ない・・・

テキストは昨日届いたのですが、メールが来ません。ということで、協会に問い合わせました。

原因はフリーメールだから(セキュリティの問題?)のようです。引越でネット環境がまだつながっておらず、実務補習を申し込む際にヤフーのアドレスを使用しました。それが仇となったようです。

言われてみれば、実務補習のネット申込をしたのに整理番号メールが届かず、協会に問い合わせた際に「フリーメールを指定した方から何件か同じお問い合わせを頂いてます」とのことでした。

結局、協会の担当者から講師の先生に連絡して頂き、メールアドレスを教えて頂いて別メールアドレスから連絡することになりました。
始まる前からいきなり迷惑を掛けてしまいました。こりゃ、がんばらないと。

メールまだの方、協会にお問い合わせすることをオススメします。。

1/26深夜 追記 
講師の先生から先にお電話を頂いてしまいました。
結局、登録したメールアドレスが1文字間違っていたようです。
ただ、フリーメールはセキュリティで怖いので、
通常使用のメールアドレスでやり取りすることにしました。
お騒がせいたしました。

【1次試験】暗記術「IEの基本図記号編」編

えー、語呂合わせ、ネタ切れ気味です。
けっこう反響も頂いており恐縮です。そもそも思いつき企画なので。

厳密には語呂あわせではありませんが。
 作品No.5「IEの基本図記号編」の覚え方 
「○」…ローマ字で「KAKO(加工)」の「"O"」。
「。」…うんぱん、「は」の右上のちっこい「。」
「D」…滞留、溜まるとDead Stockへの連想から「D」
「▽」…停滞の「丁」の部分から「▽」をイメージ。
「■」…数量検査、「量」の上部の四角のイメージ。
「◇」…品質検査、「品」のヒ、「質」のシをとって「菱型」をイメージ。

う~、厳しい。けど、覚えたもん勝ちなんでね。

【1次試験】語呂合わせ暗記術④経済学「一致系列」編

初学者ストレートの方ですと経済学は未着手でしたらすいません。

経済学の経済指標の先行系列・一致系列・遅行系列の判断って
いっぱいあって大変ですよね。でも、
一致系列を暗記すれば、先行と遅行はある程度判断つくので、
一致系列の覚え方を教わりました。

作品No.4 一致系列の覚え方
 「精(せい)を出し大稼ぎしたところで、少々営業中と言(ゆ)う」 

①せいを…生産指数の「生」
②だし…鉱工業生産財出荷指数の「出」
 (鉱工業生産財財在庫率指数は先行指数なので「出」を覚える)
③おお…大口電力使用量の「大」
④稼ぎ…稼働率指数の「稼」
⑤ところ…所定外労働時間指数の「所」
⑥しょう…商業販売額(小売業)の「商」
⑦しょう…商業販売額(卸売業)の「商」
⑧営業…営業利益の「営業」
⑨中…中小企業売上高の「中」
⑩と…投資財出荷指数の「と」
⑪ゆう…有効求人倍率の「有」

さぁてと、だんだんネタ切れですよー。

【1次試験】語呂合わせ暗記術③「OSI基本参照モデル」編

いやぁ、にわかに盛り上がってきました。
PIYOCOさんが先行してかなり面白いネタを披露されていらっしゃいます。こんなにあったのねと驚きです。

今回は私がもっとも苦手にしていた経営情報システムから「OSI基本参照モデル」です。ストラさんより投稿いただきました。経営情報システムはH17年の初回受験で足切りにあい、涙を呑みました。

作品№3:OSI基本参照モデルの覚え方
 「アップでセットのねぇーちゃんデブ」 

アプリケーション層  → アッ
プレゼンテーション層 → プで
セッション層     → セッ
トランスポート層   → トの
ネットワーク層    → ねぇーちゃん
データリンク層    → デ
物理層        → ブ

1発で覚えられるインパクト!さすがです。

ちなみにブーちゃんは反対から覚えておりました。
 「『モノでね』、とセプ王」 
(物理、データリンク、ネットワーク、トランスポート、セッション、
プレゼンテーション、応用(アプリケーション)の順です。)
どこかの国のセプ王という王様が、「今度もってくる賄賂は、お金でなくて『モノでね』」と言っている様子を思い浮かべる、だそうです…。


【1次試験】語呂合わせ暗記術②「新QC7つ道具」編

ちょっとこのシリーズ、引っ張ります。
そんなにネタが豊富なわけではないですが。

作品No.2:新・QC7つ道具の覚え方
   「新連携、アロマでピー!」

新(親)= 親和図法
連   = 連関図法
携(系)= 系統図法
アロ  = アローダイヤグラム
マ   = マトリクス図法
で   = マトリクス・データ解析法
P    = PDPC法

意味:えー、多分、新しく中小企業が連携してアロマテラピーかなんかだと思います・・・。

「80分間の真実」編集会議を前に

20日に「80分間の真実」編集会議が行われます。

それに先立ち、
①企画・アイデア・意見の募集
②アンケート参加の募集
をブログおよびメールにて呼びかけさせていただきました。

先に申し上げます。
 本当にありがとうございました! 

おかげさまで、ブーちゃんへの反応だけで
①企画・ご意見で12名
②アンケートの参加で18名
のお申し出を頂きました。
「別のメンバーへ協力表明済み!」も含めると計30名の
方からリアクションを頂きました。

各メンバーからの呼びかけにもさまざまな形で応えてくださった
方々がいらっしゃったと思います。本当に感謝しております。
と同時に「いい物を作らねば」という責任も感じます。

今後ともよろしくお願いします。

【1次試験】語呂合わせ暗記術① 「QC7つ道具」編

いつかペパチェ氏とやろうといっていた企画のスタートです。
まず、経緯について少しだけ。

昨年、T○C池袋上級で結成した勉強会「ガ○ガ○ヤ○グ」は、主に1次試験の合格を目指すクラスでありました。勉強会で非公開掲示板を作り、お互いに役立つ知識・ノウハウを共有してきました。その結果、なかなかのエッセンスが蓄積されてきたので、1次試験の学習をされている皆様向けに一部を公開する次第であります。

第1回では、生産管理のややこしいポイント「QC7つ道具」を取り上げます。ちなみに「QC7つ道具」は2次口述試験で聞かれたとの噂も聞きました。TACの口述模擬面接では、関連した質問も頂きましたよ。

作品No.1:QC7つ道具の覚え方
     「サンチェ監督引っ張れそう!」
サン = 散布図
チェ = チェックシート
監  = 管理図
督  = 特性要因図
引っ = ヒストグラム図
張れ = パレート図
そう = 層別

意味は…えーっと、多分、サンチェ監督という人が引っ張れそうなんだと思います。

こんな感じでいきます。
ブロガーでない方も含めて「語呂合わせ暗記ネタ」を募集します。左のメールフォームからお願いします。

では。

合格までの学習記録<後編③>模試惨敗編

すいません。更新が久々になってしまいました。
更新しないと、アクセス数は正直ですね・・・。

ちょっと挽回の意味もこめて、
「合格までの学習記録」シリーズをお届けします。
今回は<後編③>模試惨敗編 です。
これまでのはこちら→<前編><後編①><後編②>

2006年9月2日、3日の週末はTAC模試、LEC模試の連チャンでした。
そもそも、2次の本格学習から1ヶ月。成績云々ではなく、これまでやってきたことができるか、できないかを意識。

土曜のTAC模試。
事例Ⅰからイマイチわからない。解答用紙の「空き」が怖くて埋めることに集中し内容が伴わず。
事例Ⅱ、なんとなく終わった後には「できた感」。でも、昼休みの勉強仲間の雑談で、思い違いと気づく。「83分間の真実作戦」も失敗。
事例Ⅲ、睡魔との闘い。問題が難しいのかさっぱり集中できない
事例Ⅳ、毎度恒例の冷や汗だらだら。得意科目とはとても言えない。

で、TAC惨敗。焦るも夜は疲れてすぐ寝てしまった。予想以上の体力消費。

翌日、LEC模試他流試合。
事例Ⅰ、LECらしい巧妙な問題に浅はかな対応。イマイチ。
事例Ⅱ、後に非常に良問で本番直前にもう一度解きたいと感じた問題。初見では太刀打ちできず。
事例Ⅲ、相変わらず睡魔。320分のマネジメントの必要性を感じる。
事例Ⅳ、できたの3人しかいない計算問題の深みにはまる。しかも模範解答も訂正。そりゃ、本番じゃできない。

結果的に2日続けて散々な結果だったが、プロセスの収穫がいくつか。

① 「ホチキスを外す音」を知る。B4サイズの白紙にメモをしていくのは非常に使える!と思った。
②白紙にメモを残すことが大切と知る。たまたま、LEC成績上位と思われる前の席の方がトイレで試験中に離席。答えなんか見ても仕方ないけど、気になって遠目に覗くと、その人のB4用紙にはぎっしりとメモが。「メモを書き、何を書くかをこうやって組み立てているんだ!」との気づき。これは多分、プロセスの大きな進歩の瞬間だったと思う。
③散々な模試にへこむだけでなく、惨敗の結果を自分への戒めとしてブログにさらした。これが、失敗の悔しさをどこかで生かそうというポジティブな発送転換につながった。

とりあえず模試まではこんな感じ。

「華麗なる一族」

やや雑談ネタで恐縮です。

キムタク主演で話題のTBS「華麗なる一族」を見ました。原作は読んでいないので今後どういう展開になるか知りませんが、次回が楽しみです。

キムタク扮する阪神特殊製鋼の専務・万俵鉄平。彼は、会社の成長を考え高炉建設という巨大設備投資に挑戦していくそうです。キムタクが経営者で社員に将来の会社のビジョンを説く姿は、そりゃあ、かっこいいのでしょう。でも、会社の経営者はキムタクほどイケメンでなくとも、従業員の心を掴み、夢を説き、企業を発展・成長させていくのですから、経営者という仕事は難しいもんです。

「華麗なる一族」の原作者・山崎豊子「白い巨塔」など綿密な取材による社会派作品を得意としていますが、最近、山崎豊子の著作「沈まぬ太陽」を読んでいます。某航空会社の労使問題、墜落事故を題材にした長編ですが、J-SOXなどといわれる昨今、企業のあり方、ES、コーポレートガバナンスなどの観点からも興味深い1冊です。全5巻で今4巻ですので、詳しくはまた読み終えてからレポートします。

では。


実務補習が定員オーバーだって?

どうやら、実務補習で定員オーバーが発生しているそうです。当初、15日コースがオーバーして5日コースへシフトかと思いきや、5日コースでも足りていないらしい。

最も早く速報をアップされたのが、こちら↓
http://banty0.exblog.jp/4326726/
ちゃーさんのブログ「特訓開始!」より。ちゃーさんは東京地区です。

猫大王さんのブログ「次は診断士だ!」でも紹介されています。
http://blog.livedoor.jp/ikuzobox/archives/2007-01.html#20070113"
猫大王さんは関西地区のようですが、速達が届いたようです。

ちなみに、ブーちゃんのところには現時点では速達も連絡も来ておりません。ブーちゃんは、5日にインターネット申込、合格証FAXと振込は10日でした。5日間コースです。診断協会の受付が振込完了ベースの処理だとアウトかもしれないです。

ちなみに、5日のインターネット申し込みの際、診断協会からメールが返ってくるとのことでしたが9日になっても返信が来ませんでした。心配になって協会へ問い合わせると、「プロバイダーによっては返信が届かないみたいです」とのことでした。正直「なにそれ??」です。で、電話で整理番号を確認し、10日の合格証FAX&振込となりました。

「合格者=実務補習受入枠」を昨年比大幅に増やして頂いたのはうれしいことです。ですが、これでは意味がありません。逆に今回の件を機に、今年の合格者が減らないよう願うばかりです。

診断協会HPでは本件につきまだ何も情報がありません。
ただ、診断協会には「応募者が多数の場合は受講いただけない場合もありますのでお早めに申し込んで下さい」と書いてあったのですね。
http://www.j-smeca.or.jp/training/su0901_pdf/h18jitumu_guide2.pdf



「80分間の真実」書いてみる?

「80分間の真実」サポーターを募集中。
再現答案を載せたい、
コラムを書きたい、
自分のノウハウを提供したい、
自分の成功談・失敗談を載せたい、
こんな企画をやってほしい・・・などなど
ブーちゃんまでご一報ください。コメントまたは
左のブーちゃんの写真の下のメールフォームからお願いします。
ちなみに、写真は初詣・絵馬バージョンに変更しました。

毎日のメールの洪水の中で「80分間の真実」PJでは、今こんなことになっています(正確には、なっているらしいです(笑)←メール処理が100%に達していないので、さだかではない)。

①20日(土)に「80分間の真実 編集会議」が開催されるそうでで、「こんな企画はいかが?」とか「こんなコラムが書きたい!」などなどを20日の会議に持ち寄ることになるらしい。19日正午までに頂いたネタ・ご意見は会議で紹介しますよ。この会議で「新・80分間の真実」の骨組みが決まる模様。

②今までの「80分間の真実」は合格者の再現答案が肝でしたが、今回はA~Dの結果が判明している不合格者の再現答案が肝らしい。

とりあえず、こんなところです。
よろしくお願いします。




実務補習5日間コースへ申し込み

遅ればせながら、実務補習5日間コースへ申し込みしました。

今日は1月11日で
「え?締切すぎてない?」って?

ちゃんと締切の10日に申し込みました。

 直前まで迷ったのですが、やはり5日コースでの申し込みとなりました。やっぱり4月の登録には間に合わせたいと思い、10日間の診断実務を仕事上で経験し、あわせて15日という要件をクリアしようと思います。一応、中小企業庁にも問い合わせたのですが、私の仕事の場合は要件を満たすことができるとのこと。逆に言えば、15日間を仕事上で満たすことも可能なのですが、同期の皆さんと実務補習を一緒に経験したいという想いで5日コースを申し込みました。
(注:あっ、顔の割れている皆さん、ブログ上では職業を公開しておりません。)

5日コースと15日コースはどうやら、別のチーム編成になるようです。5日コースに申し込みの皆様、一緒の班になるかもしれませんね。
よろしくです!

合格までの学習記録<後編②>

合格までの学習記録の続編です。
前編はこちら(1次試験合格まで)、
後編①はこちら

2006年8月下旬
①過去問分析(たとえばH16事例ⅠH17事例ⅢH16事例Ⅲ)、
AASの問題集「2006年版診断士2次試験 直前対策模擬試験問題集」(事例Ⅱ・Ⅲフレームの活用はわかりやすかった!以後、最初の1分でいつも簡単にフレームをメモしてました。)、
LECの通信答練
④TAC答練などなど
アウトプットを回してとにかく「場数を踏む」ことを意識。
マイホームグラウンドの喫茶店で仕事帰りにお勉強。

得意と思っていた事例Ⅳがイマイチ伸びないが、他3科目の方がより深刻で、3科目中心に数をこなす。返された添削では「テキストレベルのワードにこだわり、 よくない方向にいっていると思います。」とのコメント。1次の知識に偏って、与件に素直になれてない。
このころまでに、蛍光ペンの線の引き方や≪≫、SWOTの記号など自分なりのルールを確立。5色の蛍光ペンにはいろいろと賛否両論ありますが、僕は途中で替えるのが怖くて最後まで使い続けました。


小出しですいません。次回はTAC&LEC模試あたりで。

メールの洪水

式の準備や引越しといろいろあり結構大忙しなのですが、3連休で初めてメールを見てびっくり、メールボックスが大洪水になってます。3連休でざっと60通ほどあるでしょうか。
その正体は「80分間の真実」PJ。1月5日の決起大会で各人の役割分担を決めた後、早速、各役割のチームごとに活動スタートです。といってもなかなか会ってミーティングという機会はないので基本はメールとメーリングリスト。これが締め切り直前には1日100通とのうわさもあります。

現状、イマイチ波に乗れていないですがいい感じに滑り出しております。面白くなりそうでワクワク!



TAC合格祝賀会

昨日のTAC合格祝賀会、行ってきました。参加された皆さま、おつかれさまでした。TAC池袋上級メンバー中心の二次会にも参加しました。

やっぱり診断士関係の出会いはいいものです。初めて知り合ったというのに、これまでの話、これからの話、たくさんの話をしました。初めてお会いした方で「ブログ見てますよ!」というお話もたくさん頂きました。

「80分間の真実」の話も色々な方としました。さすがの知名度で、改めて影響の大きさに驚きました。

同期合格の皆さま、今後ともよろしくお願いします。まずは、実務補習頑張りましょう!

名刺を作りました

今日はTACの合格祝賀会に参加します。同期合格の皆さん、よろしくです。

「新・80分間の真実」PJも始動し、仕事以外の縁での出会いが増えたので、名刺を作りました。今日の祝賀会でもいろいろな方とご挨拶、お話し出来ればと思います。

「新・80分間の真実」PJ始動

いろいろな縁があって「80分間の真実」次回作のプロジェクトメンバーに加わることになりました!

その第1回決起大会に参加してきました。今後、このブログを通じて「新・80分間の真実」が出版されるまでの「真実」をご紹介していければと思います。今後ともよろしくお願いします。

H18年度から不合格者へ科目毎の結果が還元されたこともあり、合格者の再現答案だけでなく不合格者の確定した評価からも診断士二次試験のブラックボックスに光を当てていきます。よりバージョンアップした「新・80分間の真実」をご期待下さい!

合格までの学習記録<後編①>

多分長くなりますので、後編は小分けにしていきます。

2006年8月6日 一次試験終了。自己採点で合格を確信。これまでの二次対策はただ聴いてただけの二次演習数回と5月に準備もなく受けたLEC中間模試だけ。翌日からとりあえず現実逃避気味に2泊3日の温泉旅行。二次対策前にして貴重な夏休みを使い切る。

8月9日 このブログを立ち上げる。二次試験へ向けての短期決戦に備え、モチベーションを高く保つ手段としてスタート。

8月12日、TAC二次向け演習スタート。事例Ⅰ、事例Ⅱに挑戦。全然歯が立たないことに焦る。その日、勉強仲間と軽く飲んだ後、ほろ酔いなのに喫茶店へ行き、財務H17の過去問を解いてから家に帰ったくらい。

8月13日 「80分間の真実」2年分購入。予備校の作る模範解答とは違う生の答案に感動、衝撃を受ける。その一方で合格レベルとの距離を痛感。仕事の暇なお盆の週を利用して事例Ⅰ~Ⅲの過去問を解き80分間の真実を研究。事例Ⅳはなんとかなるだろうと触らず。

8月19日 一次レベルでは得意科目だった財務の演習で撃沈!試験中の計算パニックを初体験。帰り道の喫茶店で、「H17財務は結構出来たから撃沈はたまたまでは?」との甘い希望的観測からH16財務に挑戦、再びパニック&撃沈!得意科目といっても対策が出来ておらず歯が立たないことを痛感。この時はH16財務が特に難しいとは知らなかったが、おかげで危機感を早目に持てた。

合格への流れを引き込むある準備

すんません。リクエスト頂いた「合格までの学習記録<後編>」は長くなりそうなので、三連休にでも。

先に、本番で生きたある準備の話。このことが合格への流れを引き込んだかもしれないと思うことがある。

二次論述試験本番朝一の事例Ⅰ、デメリットを答える問題を勘違いしメリットを100字記入済み。変な問題だなぁと感じ、残りあと10分で間違いに気付く。さすが、本番!何が起こるかわからない。
で、その時に考えたこと。
「100字をただ書くのに3分あれば十分。落ち着いて!5分は考える時間がある。」

試験前に、自分が100字の文章を書くのに2分40秒くらいと計ったことがありました。試験では3分あれば必ず100字を書ける自信があり、メリットとデメリットの勘違いにもそのおかげで落ち着いて対応できた。試験日が間近になったころから、「平常心」を特に心掛けました。そんな中でのひとつの準備でした。

合格までの学習記録 <前編>1次合格まで

受験生の方から、何回目の受験?なぜ診断士を?とかどんな勉強した?と聞かれることが多いので記録化しようと思います。

1999年4月、就職活動中に自己研鑽で中小企業診断士の勉強をするつもり!なんて面接で言うも、内容はよく知らず、内定後は一切それらしい活動もせず。そのままなんとなく5年ほど過ぎ
る。

2004年7月 会社で幅広い知識が求められるミッションに係り替えになり、また自分の会社がどういう方向へ向かうのかわからないことに疑問を感じ、中小企業診断士の勉強を始めてみようかとTAC八重洲校の無料セミナーへ参加。その席で合格者3名の体験談を聞き、実はそのうちの一人がnetplus氏だった(らしい)。翌日、スタートアップ講義・ビデオ通学コースへ申し込み(7万円で全20回で8科目を広く浅くイメージを掴む内容中心)。そうは言っても資格取得の勉強なんて初めてだし、とりあえず始めてみた感じ。最初は八重洲ビデオ通学コース。

2004年9月 スタートアップ講義を修了し、ストレート本科生1・2次ストレートコースへ申し込み本格的な勉強をスタート。勉強仲間との出会いを求めてビデオではなく通学コースにする。授業のあと、飲み会が開催されるとのことでそのまま参加。そこで、2005年合格を目指す勉強仲間と知り合う。でも、以後、TACの授業に出るのみで、自宅学習はほとんどない状態が2005年4月まで続く。

2005年5月 GWに勉強仲間で公民館勉強会を初開催。この辺から、勉強のペースを上げていく。

2005年6月 マンパ1次模試。上位16%のB判定。やや油断。

2006年7月 TAC1次模試。上位35%程度。ボーダーとの印象。

2005年8月 1次試験受験。経済76、財務76、企業経営理論112/200、運営48、法務55、新規72、情報32、中小116/200で合計587/1000。経営情報システムは足切り。全体でも13点届かず。情報はよくわかっていないながら、答練でも模試でも足切りとなったことがなく、何とかなるだろうとの甘い読みが仇となった。1次不合格のショックで9月末までの2次の講義は一切出席せず。ここまでの総学習時間600時間程度。

2005年10月 2年目の学習スタート。TAC池袋の上級本科生Aコース(1次試験主体で2次の講義付、アウトプットなし)を申し込むも年内は講義もさぼり気味。

2006年1月 TAC池袋上級クラスにてインフォーマル勉強会「GY(ガ○ガ○ヤ○グ)」、結成。勉強会リーダーのペパチェと出会う。以後、月間70時間のノルマ学習スタート。

2006年5月 このあたりから、喫茶店特訓スタート。仕事帰りに喫茶店で2~3時間の自習を週2~3回行う。

2006年6月 マンパ模試。B判定。

2006年7月 TAC模試。B判定。

2006年8月 1次試験合格。ここまでは体力の9割以上を1次試験対策につぎ込んでおり、2次試験向けの対策はTACの2次向け講義をなんとなく聴いてただけ。5月以降は2次のことを考える余裕もなく、2次の準備をもっとしてればと後悔。ここまでの総学習時間600時間(2005年10月~)。

合格までの学習記録 <後編>2次合格までに続く。

謹賀新年

新年、あけましておめでとうございます!

この1年の皆様の健康と、特に受験生の皆さんの合格を祈念しております。本年もよろしくお願いします。
今日は実家のある埼玉・狭山からです。都内よりは2~3度くらい寒い気がします。埼玉県民ブロガーの方っていらっしゃいましたっけ?就職とともに都内に住んでもう7年になりますが、心はずっと埼玉県民です。 今年はついに念願の診断士としての登録です。同期合格の皆様、お互い切磋琢磨していきましょ~。先輩診断士の皆様、今年もご指導のほどよろしくお願いします。
 診断士登録以外にプライベートでも忙しい1年になりそうですが、健康管理に気をつけて、楽しくすごせたらと思います。
 今年、診断士にまつわる縁を通じて昨年以上にいろいろな方々と出会えたらと思います。合否云々はともかく、診断士を志すにあたっての最大の収穫は『出会い』だと思っています。そんな出会いを大切にしたいと思います。

 明日はこたつで箱根駅伝の応援です。昔は優勝争いの常連だった母校は最近ではシード権獲得に四苦八苦ですので、あさっては蒲田付近で路上応援に繰り出す予定。

では、今年もブーちゃんをよろしくお願いします。


なかのひと
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

FC2 Blog Ranking

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。