プロフィール

同期のブーちゃん

Author:同期のブーちゃん


同期のブーちゃんです。

診断士として日々、想うことを綴っております。


質問、相談、ご意見・苦情なども下記へお願いします。

メモリボのデータ提供は終了しました。すいません。

  Mail




6月にセミナーやります!

10年後の中小企業の姿を考える会



「ふぞろいな合格答案 エピソード2」

全国書店にて発売中!!

ふぞろいな合格答案エピソード2


「ふぞろいな合格答案」
全国書店にて絶賛発売中!!
fuzo-1.jpg



「続々・80分間の真実」発売中。
Amazonへリンク e1c7bbc3-s[1].jpg

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSS登録用

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日のこと(2)

続きです。前半はこちら

タクシー、バスをあきらめ歩き始めました。日比谷あたりは大渋滞で車は全然動いていません。日比谷通りと晴海通りの交差点では、警察官がマイクで、「JR・私鉄・地下鉄とも全線停止している。今日中の復旧は見込めない。」とはっきり言い切っていました。復旧を目指しているとか、復旧のめどがたたない(ただ、今日中の可能性は否定しないニュアンス)ではなく、今日は動かないとはっきり言いきっていたのが非常に印象的で驚きました。

日比谷周辺は車道の車も、歩道の歩行者も大混雑でした。西新橋あたりでやっとドコモのメールとスマートフォンからのインターネットが何とかつながるようになってきました。妻からもメールがあり、表参道から徒歩で帰宅すると連絡が来ました。歩行者の中にはヘルメットをしている人、会社から支給されたと思われる緊急用の食糧などが入った袋を持っている人、地図を手にしている人がたくさんいました。幸いにして、土地勘はあるので地図は不要でしたが、ヘルメットはなく、高いビルの前を通る時に余震が来たらという怖さを感じながら歩きました。途中のお店は臨時休業のところもありましたが、マクドナルドは長蛇の列で、吉野家は人で膨れ上がってました。ビジネスホテルは「満室」と張り紙をしていました。

西新橋→虎ノ門→愛宕→と桜田通りに出て、赤羽橋→慶応大学→白金高輪→高輪台→五反田のルートを先輩と2人で歩いてきました。五反田までで職場から約2時間、五反田の桜田通り・山手通りの交差点で先輩と別れ、不動前から自宅に着いたのは9時前でした。職場を出て2時間半無事帰宅できました。妻は1時間ほど前に無事帰宅できていました。

電気・水道は問題ありませんでしたが、ガスが利用できませんでした。ただ、説明書を出してきて確認すると安全装置が働いて停止しているだけであり、安全装置を解除し復旧しました。

9時過ぎに連絡のつかなかった父とも母経由で連絡がつき、家族の安全が確認できました。

Facebook、Twitterで情報を集め、こういうときにやっておくべきことをいくつか行いました。
・お風呂の水は張っておく
・米が炊けるうちに米を炊いておく
・部屋のドアは開けておく
・棚の上にあるものなど落ちてきそうなものをあらかじめ低い所に移し替える
などなどを行ないました。

テレビでは想像を絶する光景が流れていて、まだ二桁だった死亡者の報道に改めてすごい地震だったと感じました(最新の報道ではすでに4桁です)。

こういうことが起こった時、FacebookやTwitterが非常に役に立つと感じました。今日になってデマのチェーンメールが出回っていることが問題になっており、私のところにも結果デマだった情報がメールでもFacebookでも届きました。ただ、地震の時にやっておくべき対応や、帰宅困難者にとって有益だった情報の数々がFacebookやTwitterで入手することができました。テレビではマスに対して情報発信がなされますが、個人にとって有益な情報は、FacebookやTwitterの方が集めやすい気がします。

こんなことを記すのは今日限りであると祈りつつ、記録に残しておきます。
スポンサーサイト

昨日のこと

久しぶりに書きます。

昨日の地震のことを残せる限り記録に残しておこうと思います。活字に残しておくことで、今後の余震があった際に考えることの整理も含めて。

3月11日 2時46分。東京丸の内の会社のビル6階でデスクで仕事をしていました。最初は「あれ、ゆれてるよね?」という程度の感じでした。最初は怖いとも思いませんでした。そのあと、だんだん揺れが強くなってきて、しかもすごい長い時間に感じました。職場のほとんどの人が机の下に潜りました。本格的な揺れが来るまでに相当時間がかかったので、震源地からはかなり遠いなと思いました。それでもこれだけ揺れたということは震源地の震度は大きいなと思いました。

揺れが収まり、会社のPCからYahoo!の地震情報にアクセスすると、最初は「宮城震度6強」と表示され、更新すると「宮城北部震度7」と表示されました。妻の無事を確認しようとスマートフォンを触りましたが、ドコモのメールがつながらず、次にTwitterに「無事」と書き込めば妻と妹は見てもらえるだろうと思いましたが、書き込めませんでした。

担当するシステムが無事稼働することを確認、3時以降のアポをキャンセルする連絡を取る一方、ワンセグテレビをつけると各局報道特番でした。津波への警戒を伝える内容が中心でした。「津波2メートル」の情報にびっくりし、それが「3メートル」、「6メートル」と更新されていくたびに尋常じゃないことが起こってると感じました。3時過ぎには、トラックが流されていくような映像を観ました。

妻への連絡は会社のe-Mailを活用しました。会社のルールで上司のccが必要で、上司のCCをつけて妻と両親・妹にメールを送りました。こういうとき、ドコモのメールは全然つながりませんでした。ドコモの電話もつながりませんでした。ソフトバンクの方が繋がりやすい気がしました。妻からは3時過ぎに無事の返信があり、4時前に妹からTwitterのメッセージで無事が確認できました。

4時半ごろ、会社の全館放送で「交通機関も止まっているから連絡があるまでビルから出ないように」との指示がありました。6時前に帰宅OKが出て、上司からは帰宅できたらメールか電話で報告するように指示が出ました。丸の内(三田線・日比谷)~不動前は目黒線・三田線で8駅で、位置ゲーム「コロプラ」のGPSでは8km程度なので「歩いて2時間なら帰ろう」と歩いて帰宅を決めました。

6時半、家の方向が一緒の先輩と2人で丸の内を徒歩で出発。最初は「タクシーで帰ろう」と話しながら会社を出ました。「バスは動いているだろうから、バスを乗り継げば楽だね」と話しながら、国際フォーラムの前で「目黒駅経由・等々力行きのバス」を見つけ、5分ほどバス停で待ちましたが見えてるバスが渋滞で全然動きません。バス停で待ってる人の数とバスの中の込み合った状態から乗るのはあきらめました。

長くなったので、続きはこちらへ。


なかのひと
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

FC2 Blog Ranking

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。