プロフィール

同期のブーちゃん

Author:同期のブーちゃん


同期のブーちゃんです。

診断士として日々、想うことを綴っております。


質問、相談、ご意見・苦情なども下記へお願いします。

メモリボのデータ提供は終了しました。すいません。

  Mail




6月にセミナーやります!

10年後の中小企業の姿を考える会



「ふぞろいな合格答案 エピソード2」

全国書店にて発売中!!

ふぞろいな合格答案エピソード2


「ふぞろいな合格答案」
全国書店にて絶賛発売中!!
fuzo-1.jpg



「続々・80分間の真実」発売中。
Amazonへリンク e1c7bbc3-s[1].jpg

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSS登録用

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

H15過去問 事例Ⅱ 煎餅屋

第2問 設問3
「B社では工場の受付において久助(製造過程で割れてしまって、通常売価では売ることのできない煎餅)を近隣の住民を対象に販売していた。
これについてどう判断するか。60字以内で述べよ。」

煎餅屋が割れた煎餅を地元に売るか売らないかについて、リスクを感じながらも「売るべきでない」と考えてみた。個々の問題の部分最適よりも80分で与件全体の全体最適を優先してみました。
予備校の解答ではほとんどが「売るべき」で、LECのみ「売らないべき」。私の解答はLEC同様「ブランド構築を目指す大きな方向性」(全体最適)に従った。「地元の人に味を知ってもらえる」(部分最適)より優先しました。

ここでも、複数の切り口を検討するという作業を植えつけるトレーニングとして考えてみました。正解は分からないので、是非を議論するつもりはありません。でも、なるべくいろいろなことを考え出して、80分でいいと思うものを解答用紙に残したい。ただ、それだけ。

スポンサーサイト

コメント


追い込みに頑張っていることと思います。

標題、気になったんで・・・・

売るか・売らないか・・・そこが解答の真意ではありません。「どうして、売るか売らないかを導いたか」そこが肝要。 

で、ブランド構築だと「なぜ?」売らない?壊れたせんべいは、ブランドに悪影響・・・・・・・」
っと考えると、かなり、個人的な意見が入っているので、まずい感じがします。

ほんとうに、壊れたせんべいはブランドに悪影響でしょうか? 知覚品質の切り口から?
でも、せんべいのブランドを構築するには、
本当に何が必要でしょう。
そう、味、知覚品質の味覚、つまり、品質ではないでしょうか。
そうすると、売るほうが消費者への訴求が高まると考えた方が、全体の方向性と一致すると
思います。

ここのミソは、設問が3つで構成されてます。
マーケティング、ブランドに突っ込んで解答すると、採点者も納得します。


菓子屋にいくと、「こわれせんべい」があります。わたしなら、ブランドを意識して、子袋に分けて、「味」「味覚」を訴求、「市場に訴求する」マーケティングがいいかと思います。

どう?


突っ込んで、突っ込んで、最後まで頑張って!

IKEAの打ち上げ、期待してます。


ではでは。

アドバイスありがとうございます

勉強になります。
たまたま参加したLECの講義で聞いた「ブランド育成の観点から悪影響で売らない」との考え方が強く印象に残っていたものでした。初見では「売る」との結論しか検討しなかったので。

>ここのミソは、設問が3つで構成されて
>ます。マーケティング、ブランドに突っ込ん
>で解答すると、採点者も納得します。

なるほど!考えが深まります。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
なかのひと
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

FC2 Blog Ranking

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。