プロフィール

同期のブーちゃん

Author:同期のブーちゃん


同期のブーちゃんです。

診断士として日々、想うことを綴っております。


質問、相談、ご意見・苦情なども下記へお願いします。

メモリボのデータ提供は終了しました。すいません。

  Mail




6月にセミナーやります!

10年後の中小企業の姿を考える会



「ふぞろいな合格答案 エピソード2」

全国書店にて発売中!!

ふぞろいな合格答案エピソード2


「ふぞろいな合格答案」
全国書店にて絶賛発売中!!
fuzo-1.jpg



「続々・80分間の真実」発売中。
Amazonへリンク e1c7bbc3-s[1].jpg

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSS登録用

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

口述試験を再現

口述試験お疲れ様でした。
記憶の鮮明なうちに、やり取りを残しておこうと思います。細かい言い回しまでは覚えていないですが。ポイントを中心に覚えていることだけ。

【事例Ⅰ&A社】
質問1:事業部制のデメリット?
「各事業部の中に必要な機能をそれぞれの事業部が持たなければならず、機能を集約する機能部制より非効率。たとえば総務の機能。地域別の事業部制でも関西事業部、関東事業部の中にそれぞれ総務担当を置くのが、機能部制で総務部に集約することより非効率。」
それだけ?ほかには?
「各事業部に権限が委譲でき顧客のニーズにすばやく対応できるのはメリットとして考えられるが、各事業部が権限を持つ中で他の事業部とのセクショナリズムが発生するデメリットがある。」
(なんか、説明が怪しいけど、セクショナリズムと非効率な部分が指摘できてればまぁいいよねと言い聞かす。)

質問2:企業の急成長の過程での弊害.リスクは?
「急拡大すれば、必要運転資金だってそれに伴い必要になるので、資金繰りが厳しくなる。」
他には?
「企業規模が大きくなって人も増えるので、経営者の考えが全社員まで伝わりにくくなる。」
(資金繰のところはちょっと自信があるので、実際は結構引っ張った。)

【事例Ⅲ&C社】
質問1:C社の環境ニーズへの対応?
「ISO14000シリーズを取り組む。対外的に環境対応できた会社とアピール、社員の意識を高める。 また、環境対応の研究開発を急ぐ。現状の研究人員は2名で足りていない。社内で研究のできる人間がいれば、増員。いなければ、現状では公設試験場を利用しているが、環境対応に関するノウハウのある大学との産学連携の共同研究、ノウハウをもつ他の企業との新連携による連携をして、早期に対応。」

質問2:日本の自動車メーカーの海外展開での生産面の特徴?
「C社ではなく、日本の自動車メーカーのご質問ですね?と確認」
そうです。
「進出する現地での生産体制を確立して、地域に根ざし地域の雇用を創出して生産を行う。」
他には?
「トヨタのカイゼンに見られるように、生産工程において徹底的にどうしたらもっと効率がよくなるかなどを突き詰めている」
カイゼン以外に強みは?
「早期に環境対応を実現したこと。トヨタのプリウスのように最初は赤字だったかもしれないが、早期に取り組んだため、環境を意識した製品の生産体制を確立したこと」
(後で考えると、「JIT」を聞かれてたんだろうなぁと。思いつきませんでした。かなり苦しい時間でした。)

質問3:C社のような設備を前提とした企業で工場稼働率が低下する場合、その原因は何か?
「C社のように工場の設備投資が前提の企業は、工場を設計する際に想定する生産能力や取引規模、売上規模を事前に定める。しかし、実際に顧客との取引では何が起こるかわからないところがあり、大口の取引先との取引が他社に取られたり、環境の変化により受注動向が大きく変わるなどの変化によって、当初想定していた工場の生産能力に届かなくなっていしまうことが考えられる。」

ざっと、こんなところです。2回受けた模擬面接のほうが手ごたえはありましたが、800人中、790番位迄には入れてるだろうと。
結果的に、筆記でできなかったと思われる2科目からの出題でしたが、手元にデータがあってできてない2科目を本当に選んだのかというと、その場の試験官の気まぐれのように感じました。
スポンサーサイト

コメント

試験お疲れ様でした~。結構、キツメな質問だったんではないでしょうか?はっきり覚えられてるようで、きっと大丈夫でしょう。あとは26日を待ちましょう。

おつかれさまです!

資金繰りの話で引っ張るあたり、さすがです。
23日は、ハジけましょう。

口述試験乙かれさまです(^○^)
診断士ブーちゃんのたんじょうですNE(^o^)丿

お仕事でのご活躍も間違いなしだと思っています。

5問だったんですね。
C社の質問2への対応が大変苦心されたのではないかと感じました(わたしなら冷汗ダラダラものです)
いずれにしても、あとはゆっくり待つだけですね。
本当にお疲れ様でした。

takeoさん

どうもです。直前アドバイス、ホントに助かりました。

ペパチェさん

ども。資金繰りは引っ張りすぎたし、列挙戦術が正解だったのかと。まぁ、でも、なんとかなるやろ。

horiさん

ども。horiさんの分も!と気合いを入れましたが、やや消化不良気味。でも、なんとかなるやろと。

chigetaroさん

ども。事例Ⅲの2問目、たじたじでした。トヨタって言葉は発言に出てきてたのに。

26日を待ちますよ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
なかのひと
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

FC2 Blog Ranking

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。