プロフィール

同期のブーちゃん

Author:同期のブーちゃん


同期のブーちゃんです。

診断士として日々、想うことを綴っております。


質問、相談、ご意見・苦情なども下記へお願いします。

メモリボのデータ提供は終了しました。すいません。

  Mail




6月にセミナーやります!

10年後の中小企業の姿を考える会



「ふぞろいな合格答案 エピソード2」

全国書店にて発売中!!

ふぞろいな合格答案エピソード2


「ふぞろいな合格答案」
全国書店にて絶賛発売中!!
fuzo-1.jpg



「続々・80分間の真実」発売中。
Amazonへリンク e1c7bbc3-s[1].jpg

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSS登録用

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

財務の砦シリーズ5 通貨オプションを理解する

先日、ヨーロッパまで旅行に行った際に痛感したことがあります。
円安・ユーロ高です。
ブランド品は「海外で買った方が安い」なんていう先入観を持っていきましたが、現実は違いました。日本で同じものを買った方が安いのです。関税を考えても日本で買う方が安いみたいです。

ということでここ2年のユーロ・円チャートを見てみると円安・ユーロ高の傾向はかなりきついことが分かります。1ユーロは2年間の間に、ざっと130円→160円まで円安に進んでます。
eur2y.jpg

こんなときに輸入企業のニーズあう金融商品が通貨オプションです。

例えば、1足20,000円の靴を販売する靴屋があります。原価は1足100ユーロで輸入、また1足あたり販売管理費が5,000円かかるとします。2年前には1足あたり営業利益が2,000円出ていたのに、1ユーロ=160円の現在では営業赤字が1,000円出ることとなります。売り手の靴屋に価格交渉権があり価格転嫁できればいいですが、そうでもなければ円安という外部環境の変化だけの理由で赤字を余儀なくされます。

ところが、2年前の130円の時代に「プレミアム10円を支払い1ユーロ=135円で2年後に両替できるコール・オプション」を購入していたならば、
①円安がいくらまで進もうが最悪でも1ユーロ=145円のコスト(135円の行使価格+10円のプレミアム)で靴を輸入して、1足500円の営業利益を計上できる。
②逆に円高にいった場合は、プレミアムの10円は捨てることになるがオプションを行使せず実勢相場で両替して相応の利益を得ることが出来る。
③つまり、「ユーロ円相場により赤字転落のリスクはヘッジされた」こととなりますね。

通貨オプションというと仕事で為替に携わることでもなければ非常に難しい論点で、財務のテキストでも後ろの方なので「もういいや」と考えたくなります。ですが、昨年の1次試験ではヨーロピアンタイプとアメリカンタイプを問うけっこうマニアックな問題も出ています。せめて過去問で扱われている程度には抑えておきたいですね。

ちなみに
ヨーロピアンタイプ…満期日にのみ行使可能。
アメリカンタイプ…行使期間中、いつでも行使可能。

ヨーロピアンタイプのオプションは、決められた停留所でしか降りられないバスに例えられます。一方、アメリカンタイプのオプションは、降りる場所をどこでも指定できるタクシーに例えられます。タクシー料金の方がバスの運賃より高いように、プレミアムもアメリカンタイプのほうが通常高くなっていますよ。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
  メモリボデータをご希望の方、画面左のポストの
 アイコンからメールをくださいね。(タイトルに
 「メモリボ希望」とご記入いただけると助かります)。
 メモリボで1次は突破するとして「続々・80分間の
 真実」もよろしくお願いしますね。
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
なかのひと
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

FC2 Blog Ranking

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。