プロフィール

同期のブーちゃん

Author:同期のブーちゃん


同期のブーちゃんです。

診断士として日々、想うことを綴っております。


質問、相談、ご意見・苦情なども下記へお願いします。

メモリボのデータ提供は終了しました。すいません。

  Mail




6月にセミナーやります!

10年後の中小企業の姿を考える会



「ふぞろいな合格答案 エピソード2」

全国書店にて発売中!!

ふぞろいな合格答案エピソード2


「ふぞろいな合格答案」
全国書店にて絶賛発売中!!
fuzo-1.jpg



「続々・80分間の真実」発売中。
Amazonへリンク e1c7bbc3-s[1].jpg

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSS登録用

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

合格者でも30%~40%は落としている

昨年の1次試験直後、受験生として初めて「80分間の真実」を読んだときに感じたこと。それは
「合格者でも30%~40%は得点できていない」
ということです。

予備校の模範解答は、予備校の意地とプライドをかけて予備校の先生たちが知恵を出し合って出来上がるものであり、実際は80分間という制約なく作られたものです。限りなく100点に近い模範解答であり、2次試験本番までにこんな答案かけるようになるのかと気が遠くなります。

ところが、「80分間の真実」に載っている再現答案は、4科目合計で6割以上取れていることは確かでも、逆に3~4割(優秀な人でも2割)は落としている。他の科目で稼げているならば、取れていない科目では5割以上落としている科目もあるはず。
空白の目立つ回答もあれば、中途半端な回答、ちょっとずれてる回答など本当に生々しい。ただ、それでも合格しているのです。決して完璧な答案なんてない。

この試験は
・満点を目指す必要はない というだけでなく、
・4割は落としても合格できる
試験です。そんなことを気づかせてもらった本でした。

今は1次試験のことしか考えられない皆さん、2次試験との距離感はそんな感じです。
マンパワーの模試、がんばってくださいね。
東京校で受験される皆さん、「続々・80分間の真実」を購入することが出来ます。手にとってみてくださいね。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
  メモリボデータをご希望の方、画面左のポストの
 アイコンからメールをくださいね。(タイトルに
 「メモリボ希望」とご記入いただけると助かります)。
 メモリボで1次は突破するとして「続々・80分間の
 真実」もよろしくお願いしますね。
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
なかのひと
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

FC2 Blog Ranking

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。