プロフィール

同期のブーちゃん

Author:同期のブーちゃん


同期のブーちゃんです。

診断士として日々、想うことを綴っております。


質問、相談、ご意見・苦情なども下記へお願いします。

メモリボのデータ提供は終了しました。すいません。

  Mail




6月にセミナーやります!

10年後の中小企業の姿を考える会



「ふぞろいな合格答案 エピソード2」

全国書店にて発売中!!

ふぞろいな合格答案エピソード2


「ふぞろいな合格答案」
全国書店にて絶賛発売中!!
fuzo-1.jpg



「続々・80分間の真実」発売中。
Amazonへリンク e1c7bbc3-s[1].jpg

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSS登録用

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「鈍感力」から内部統制を考える

こんばんは。
ベストセラーになったので皆さんご存知かと思いますが、
なかなか興味深い1冊でした。

渡辺淳一・著「鈍感力」
dondon.jpg

小泉純一郎元首相が安倍晋三首相に送った「鈍感力が大事」というアドバイスで突如ベストセラーとなった本です。健康、男女関係、結婚、恋愛、仕事、精神面など様々な角度から「鈍感力」を解いています。

 この鈍感力、企業の経営にも活かせる部分がたくさんあります(本を読んでなくても、なんとなく鈍感力というのがどんなものかは分かると思います。)。

 例えば最近話題の内部統制。J-SOX対応により非常に詳細なマニュアル化を求められたり、神経質な対応が必要になりますね。これ自体は鈍感どころか非常に敏感に反応すべきことです。しかし、企業が自社に起こりうるリスクを認識しその対応方法を定めることで、不測の事態に対する耐久力を備えることになります。経営には様々なリスクが付きまといますが、リスクを放置する(鈍感になる)のではなく、リスクに絶える鈍感力を備えることが重要だと思います。著者も指摘するとおり、敏感と鈍感は紙一重で表裏一体ですが、「鈍感力」という考え方は捉え方次第でどうにでも応用できるかと思います。

 最近お騒がせのグッドウィルグループの折口氏。時代の先を行く経営者として持て囃された時期もありましたが、経営のリスクに対しては残念ながら鈍感だったようです。経営者として、社内の不正にキチンと対処していれば、多少のトラブルに経営を揺さぶられることはなく、リスクに対する鈍感力を身につけられたのではないでしょうか。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
メモリボデータをご希望の方、画面左のポストのアイコン
からメールをくださいね。(タイトルに 「メモリボ希望」
とご記入いただけると助かります)。 メモリボで1次は
突破するとして「続々・80分間の 真実」もよろしく
お願いしますね。
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
なかのひと
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

FC2 Blog Ranking

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。