プロフィール

同期のブーちゃん

Author:同期のブーちゃん


同期のブーちゃんです。

診断士として日々、想うことを綴っております。


質問、相談、ご意見・苦情なども下記へお願いします。

メモリボのデータ提供は終了しました。すいません。

  Mail




6月にセミナーやります!

10年後の中小企業の姿を考える会



「ふぞろいな合格答案 エピソード2」

全国書店にて発売中!!

ふぞろいな合格答案エピソード2


「ふぞろいな合格答案」
全国書店にて絶賛発売中!!
fuzo-1.jpg



「続々・80分間の真実」発売中。
Amazonへリンク e1c7bbc3-s[1].jpg

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSS登録用

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

H18事例2問5にまつわる出会いから

こんばんは。

過去問H18年度事例Ⅱに関する話題を書き込みます。事前情報なく過去問に挑戦したい等ネタバレが嫌な方はご遠慮下さい。
























ある合格者同士の飲み会での出来事。初めてお会いした方との名刺交換の際に
「H18事例Ⅱ問5で『家庭教師派遣』っていう再現解答載せてましたよね?僕も同じ答えだったので、よく覚えてました」
という話になった。初対面なのに、これだけで意気投合できる出会いに感動しました。彼は合格発表まで『運命共同体』と感じたようです。「続々・80分間の真実」によると、H18事例Ⅱ問5で「家庭教師の派遣」という答えを書いた人は合格者のみに2名ということで、恐らく私とその彼です(笑)。

で、本題。H18事例Ⅱ問5です。B社の経営資源を生かした新規事業を提案する問題でしたね。

 時間をかけて考えてみれば、やっぱり「託児所」という解答を導かせるための伏線が用意されているような気がします。ですが、試験中に『託児所』という答えを書くことに若干のリスクを感じました」

そのリスクとは「託児所に関する許認可って、どれくらい厳しいのか分からない」ということ。自信満々に『託児所』と答えて、実は許認可の壁が高く万が一大きく外すことを考えると、ちょっとリスキーに感じました。許認可について知識のあった方は自信を持って答えれば言い訳です。でも、そんな知識のない自分はそんなリスクをとりたくありませんでした。


で、逃げの解答がこれです。

「家庭教師の派遣事業が考えられる。理由は①インストラクターの派遣を行っており、派遣のノウハウがある、②学習指導・進学相談が可、③事業所から通えるエリアにニーズを持つ顧客がいる からである。 」

この問題、たぶん、どんな提案であってもそのロジックでちゃんと経営資源を生かした内容にしてれば、半分くらいは取れるだろうと考えました。で、「学習塾以外」という与件文に『家庭教師』というのはきわどい感もありますが、絶対に『バツ』は付けられない解答だと思いました。少なくとも、知り合いに頼まれて家庭教師をやった学生時代の経験から、この解答なら許認可ってなさそうだったし。

『託児所』と比べてこっちが正解だと主張するつもりもありません(託児所にも一応、そんなに厳しくない程度の許認可はあるそうですが、ネックになるほどではないようです)。ただ、本番の1~2週間前くらいまで『直感解答』に依存していた自分が、緊張する本番では、「けっこう冷静に、いろいろな角度から検証できた」ことに、もしかしたら「合格できるかも」という手ごたえを感じました。

ストレートの皆さん、まだ、先は見えないかも知れませんが、最後の1週間で見えるかもしれません。頑張ってください。


PS 私の再現解答はこちら→H18事例Ⅱ


スポンサーサイト

コメント

こんばんは。私はパソコン教室でしたがAでした。

この問題は、SWOT分析から機会と強み(特に無形資源)を抽出し、妥当性のある答案を記述できれば得点できたのではないかと思っています。「派遣のノウハウ」「ニーズを持つ顧客がいる」あたりがポイントではないかなぁと感じましたがどうなんでしょうねぇ…

Takeshiさん、どうもです。

コメントありがとうございます。

たぶん、結論は何であっても、ご指摘の通り、無形資源をどう提案に結びつけるかがポイントですね。なので、パソコン教室でもAは十分あると思いますよ。あらゆる角度から、いろいろ検証することが習慣づいたら、どんな問題でも安定して取れるってことなんでしょうね。

英会話教室ってどうなの

私は英会話教室でした。確かに英語を教えられる人という経営資源はありません。でも雇えば済むことと考えました。英語でテニスレッスンというのも魅力的ですし。。託児所を選択しなかったことは今やっているサービス以外と限定して考えてしまったからです。ま、合格しているんだから0点ではなかったんでしょう。。。

だおもんと申します。
私はイベント企画事業と解答しました。これも少数派かと思いますが、合格していましたので、ある程度は部分点をいただけたのかと・・
おっしゃるとおり、与件から読み取れる事例企業の経営資源を活用するという視点から妥当性のある解答であればいいのかなと思います。

コメントありがとうございます。

>オットセイさん
こんばんは。英会話教室にされたのですね。続々・80分間の真実でも合格者の再現解答の中に何名かいらっしゃいました。
英語でテニスレッスン、いいアイデアですね。僕のような英語がぜんぜんだめな人でも、ちょっと英語を身近に感じられます。

>だおもんさん
コメントありがとうございます。イベント企画というアイデアも合格者再現答案にけっこうありましたね。これでも、ちゃんと経営資源を生かした方向性になってるし。また是非、いろいろコメントくださいね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
なかのひと
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

FC2 Blog Ranking

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。