プロフィール

同期のブーちゃん

Author:同期のブーちゃん


同期のブーちゃんです。

診断士として日々、想うことを綴っております。


質問、相談、ご意見・苦情なども下記へお願いします。

メモリボのデータ提供は終了しました。すいません。

  Mail




6月にセミナーやります!

10年後の中小企業の姿を考える会



「ふぞろいな合格答案 エピソード2」

全国書店にて発売中!!

ふぞろいな合格答案エピソード2


「ふぞろいな合格答案」
全国書店にて絶賛発売中!!
fuzo-1.jpg



「続々・80分間の真実」発売中。
Amazonへリンク e1c7bbc3-s[1].jpg

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSS登録用

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【1次試験重要キーワード】PPM

こんにちは。

企業経営理論の1次試験の最重要キーワードのひとつにPPM(Product Portfolio Management)がありますね。

PPM.gif


「@IT情報マネジメント用語辞典」の説明によれば、
「PPMは、1960年代半ば以降の米国でGE(ゼネラルエレクトリック)などの巨大コングロマリット企業が事業再編を進める中、ボストン コンサルティング グループ(BCG)が1960年代末に提唱したものを嚆矢とする。」とされており、GEが複数の事業展開において経営資源の配分を検討するのに採用されたようです。

先日、そのGEが「家電事業」からの撤退を検討しているとのニュースが流れました。GEにとって家電事業と言えば、GEそのものであり、100年以上の歴史を誇る伝統的な事業です。日本の経営者ではなかなかできない大英断だと思います。

GEのジェフ・イメルト会長兼最高経営責任者(CEO)は声明で「今回の見直しは長期的成長に軸足を移すために実施している戦略と一致している」と述べたそうです。おそらく、この判断に当たっては、おそらくPPMによる検討がなされたと思います。

GEの創始者・エジソンが電球を発明し、やがて家電事業で成長したころには創業期の「問題児」→「花形製品」へ移行していったのでしょう。やがて、家電製品が一般家庭にも行き渡ると、市場成長率は低くなりますが、ブランド力もありマーケットシェアは相応に確保し「金のなる木」として「100年続く主要事業」であったのでしょう。

ところが、サブプライムローン問題などにより米国の住宅需要が急激に冷え込んだため、住宅建設業者に食器洗い機や冷蔵庫などの白物家電を大量販売する事業モデルも冷え込んだようです。環境の変化により、100年の主要事業も「負け犬」に転落したようです。

100年以上の伝統のある大企業の経営者にとって、過去の先人たちが育てた主力事業から撤退する決断は非常に勇気のいることだと思います。ところが、PPMにより事業ごとの資源配分を検討する企業カルチャーがあったからこそ、負け犬事業からは撤退するというPPMの原則を貫き、判断を誤らなかったのだと思います。

こんな日常のニュースと結びつけると、知識の定着も進みますよ。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
なかのひと
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

FC2 Blog Ranking

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。