プロフィール

同期のブーちゃん

Author:同期のブーちゃん


同期のブーちゃんです。

診断士として日々、想うことを綴っております。


質問、相談、ご意見・苦情なども下記へお願いします。

メモリボのデータ提供は終了しました。すいません。

  Mail




6月にセミナーやります!

10年後の中小企業の姿を考える会



「ふぞろいな合格答案 エピソード2」

全国書店にて発売中!!

ふぞろいな合格答案エピソード2


「ふぞろいな合格答案」
全国書店にて絶賛発売中!!
fuzo-1.jpg



「続々・80分間の真実」発売中。
Amazonへリンク e1c7bbc3-s[1].jpg

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSS登録用

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新撰組にまつわる京都観光【後編】

こんにちは。

新撰組にまつわる京都観光【前編】の続きです。

京都へ向かう阪急電車では、「燃えよ剣」(上巻)の芹沢鴨暗殺や池田屋事件あたりを久しぶりに読み直してテンションをかなり上げていきました。

池田屋事件の当日、実はもうひとつ木屋町の料亭「丹虎」が怪しいという話もあり、新撰組は2隊に分かれて行動しました。このとき、近藤勇率いる隊は三条大橋から池田屋へ、土方歳三率いる隊は四条大橋から木屋町通りを北上、「丹虎」がハズレと分かり、後から池田屋に急行しました。

実際に周辺エリアを歩いてみて「なるほど、こういう位置関係なのか!」とかなりイメージが膨むと同時に、あの歴史的事件がここで起こったのかと思うと鳥肌が立ちました。

ちなみに池田屋跡地はパチンコ屋になっていると聞いていたのですが、今はそのパチンコ屋もなくなり、一棟貸で入居者募集中でした。だったら、京都市が買い取って当時の建物を再現…なんて無理ですかね。

初期の新撰組が宿泊していた八木邸には、芹沢鴨を近藤一派が暗殺した部屋がほぼ当時のまま残っていました。凄いことに、芹沢鴨が足を引っ掛け命取りになった文机や、柱についた刀の傷痕などがそのまま今でも残っていました。

「燃えよ剣」で描かれている土方歳三の組織論は、診断士試験で学ぶ組織論とは違いますが、組織を強くする観点では必読の一冊だと思います。

燃えよ剣
「燃えよ剣(上巻)」
 司馬遼太郎・著


よければ、↓クリックをお願いします。
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

ぜひこちらも↓。
image004.gif

スポンサーサイト

コメント

御池から五条までの木屋町、先斗町エリアはそこらここらに維新志士の碑が立ってます(長州と土佐が多いかな?)。
あーこんなところで切り捨てられたんだろうなぁと思うとちょっと怖くなりますが、そんな碑を「背もたれ」にして座りタバコしてるチャラ男を見るとなんかがっかりするのは私だけでしょうかね??

>kさん

コメントありがとうございます。

木屋町、先斗町あたりはホントいろんな碑が立ってますね。歴史のロマンを感じます。一方で、いまでは歓楽街で、ちょっと雰囲気が違いますね。
確かにちょっと複雑でした。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
なかのひと
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

FC2 Blog Ranking

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。