プロフィール

同期のブーちゃん

Author:同期のブーちゃん


同期のブーちゃんです。

診断士として日々、想うことを綴っております。


質問、相談、ご意見・苦情なども下記へお願いします。

メモリボのデータ提供は終了しました。すいません。

  Mail




6月にセミナーやります!

10年後の中小企業の姿を考える会



「ふぞろいな合格答案 エピソード2」

全国書店にて発売中!!

ふぞろいな合格答案エピソード2


「ふぞろいな合格答案」
全国書店にて絶賛発売中!!
fuzo-1.jpg



「続々・80分間の真実」発売中。
Amazonへリンク e1c7bbc3-s[1].jpg

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSS登録用

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

挑戦者求ム!とのことなので

ryonga氏のエントリ「挑戦者求ム! プチ事例演習(問題編)」
にTB(うまくできてるのかな?)





社長 =「市場(T)↓、業績↓(W)」
店長1=「大手競合(T)→業績↓(W)」
店長2=「景気↓(T)、客数↓(W)、業績↓(W)」

診断士の目での問題
「品揃えに個性がない(W)」
「接客に丁寧さがない(W)」

【設問要求】
①「根源的」な問題
②「組織的」「要因」の観点

【組織】(機能別よりは事業部制)
社長(経営者)
↓  ↓ 
1店 2店 

・診断士の目とずれている社長・店長1・店長2の問題意識。
 →3者の問題意識は表面的で根源的ではない。
・共通しているのは「業績↓」のみ。では、なぜ業績↓?
 →①品揃え、②接客 ⇒但しこれ自体も根源的ではない、
            なぜそうなのか?が根源的。
・①と②は、社長には理解されていない!
・店長にも理解されていない。
 →社長が現場を見ていない、
 →現場の声が社長に届いていない
 ⇒「双方に危機感」がない⇒だから、診断士の目と
  問題意識がズレている。

【結論】
「全社的に危機感がないことが問題である。故に経営に緊張感が
なく、現場の問題も経営に届かない。」


PS 「組織的要因」といっても、事業部制やら機能別組織やら
 かくには足りない点が悩みました。
スポンサーサイト

コメント

深い…

作問者以上に深く分析されていらっしゃいますね(笑)。
「業績が悪い」と診断士に相談してくるくらいですから、危機感そのものはあると思われます。
ただ、その中身が問題なわけですが「診断士との問題意識にズレがある」というところは鋭い!と思いました。
詳しくは、後ほどエントリーいたします♪

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
なかのひと
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

FC2 Blog Ranking

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。